「千年を聴く言葉 ボイス❶」


「千年を聴く言葉 ボイス1」。来年早々に続編である「千年を聴く言葉 ボイス2」が出版されるそうで、予約注文しました。とてもいい本だと思いますので、ご紹介したいと思いました。

意識は死後もなくならない!?

意識は永遠に存在する意識は死後もなくならない。この地上で経験する出来事は、意識の成長のためによいこと。どんなことがあっても、意識の不滅・成長を信頼して、乗り切っていきましょう。そのようなことが書いてあります。

人は生きている以上、迷うもの。

「人は生きている以上、迷うものと考えてください。迷いなく判断が下されたときがあったとしても、すぐに迷うものと考えてください。・・・困難を乗り越えたとしても、また次なる悩みや迷いが発生していくもの、それが地球での生活です。それを受け入れて、なお自己を高めていくことが人間の修練の目的です」。

意識(魂・精神)は不滅で、死後もなくならない。たしかに、これが正しいか否かは、証明が不可能です。ただ、キリスト教を始め多くの宗教で、意識(魂)の不滅性は言われていますし、臨死体験(Near Death Experience)した人たちも意識の不滅性を主張します。そして、主張していることには、顕著な共通点があります。あまりに共通点があるので、もしかしたら・・と思ってしまいます(笑)。

意識の成長には、さまざまな障害が必要ということも理解してください。人間が成長するために用意された、この地球のすばらしさをあなた方は十分に理解していません。・・・成長には必ず雨や風にあたることが必要だと、心に刻んでおいてください」。

元気な意識と、元気のない意識の違いは、希望や目標があるかないか。

あなたの世界の出来事は感覚器官を通して投影された、まさにバーチャル(仮想な)影像の中で起こる出来事と考えてください。バーチャルの画面が消えても(たとえ事故等で死亡したとしても)、あなたそのものは変化しないし、消滅しないのです。これは、あくまで例えです。周囲が変化していくときに(いろいろな出来事があったとしても)、その影響を余裕をもって観察し、(意識は不滅でなくならないのだから)自己の修養をしなさいということです」。

元気になる意識と、元気でない意識の違いは、希望、目標があるかないかによります」。

あなたの側に、意識の成長をいつも応援している存在がいます。

「(あなたたちに希望するのは)自己が意識であることを認め、その自己の成長を願うことです。また、その発展を応援している者たちがいることに気がつくことです」。

「私たちが地球の人たちに期待するのは、その意識が成長していくことです。子どもを育てるように慈しみの心を持ち、弱い者に手を差しのべ、生きとし生けるものにあまねく光を注ぐ存在を目指すようになることです。難しいことではありません。

あなた方のそばにたくさんの模範例があります。植物はいつも人間のそばにいて、美しい花を咲かせます動物は人間の生活に、楽しみや愛情をもたらしますは世界に、さまざまな実りを持ってきます。この光や動物や花に学んでください。必ず人々の意識は成長し続けて、やがて暗闇を照らしたり楽しい音楽を奏でたり、人の心を慰める色をつくり出すに違いありません」。


hidenorin
早稲田大学商学部卒業。名城大学大学院法務研究科修了。 趣味は読書、水泳・ジョギング、写真撮影です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください