コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の実践 その3

コンパッション(他者への思いやり)を支える柱 コンパッションは(他者への思いやり)は、次の2つの柱で支えられているそうです。その2つの柱とは、①つながり・関わり、②意味・大切さです。 ある人との関わりがより深くなり、その...

コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の実践 その2

コンパッション(他者への思いやり)の素晴らしい効果 昨日の続きです。よかったら、素晴らしい効果が分かりますので、昨日の投稿もお読みください。コンパッション(他者への思いやり)を実践すると、より健康になれ、幸せになれる。そ...

コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の実践 その1

コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の実践 前回は、コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の効果をご紹介しました。たしかに、効果があるようです。でも、なかなか難しく感じませんか?まず、どうしても、自分のことばか...

コンパッション(他者への思いやり・慈しみ)の効果

コンパッション(compassion)とは セルフ・コンパッション(自己への思いやり)の次は、「コンパッション」(他者への思いやり)です。「コンパッション」とは、他者の苦しみに気づいた場合に、その気づいた人が示す情緒的反...

自尊心から「セルフ・コンパッション」(自分に対する思いやり・憐み)へ。 その3

セルフ・コンパッション(自分に対する思いやり)の効果 自己批判ではなく、セルフ・コンパッションを実践する。すると、さまざまな効果が見られることは、昨日ご紹介しました。しかし、Emma Seppälä博士の「The Hap...

自尊心から「セルフ・コンパッション」(自分に対する思いやり・憐み)へ。 その2

セルフ・コンパッション(自分に対する思いやり・憐み)の効果① まず、カリフォルニア大学バークレー校のJuliana Breines博士の研究では、セルフ・コンパッションの考え方をとりいれると、自分の弱点、間違い、失敗から...

自尊心から「セルフ・コンパッション」(自分に対する思いやり・憐み)へ。

幸福に関する本を読んでいると、よく出てくる単語があります。その一つに、思いやり・憐み(compassion)があります。 アミット・スード博士の定義によると、思いやり・憐み(compassion)とは、「他人の幸せだけで...