人生の意味をみつける。 その3


昨日までの投稿の流れ

生まれてきたことに意味や目的があるでしょうか。正解はだれにも分かりません。人生に意味などないのかもしれないし、人それぞれに違うのかもしれない。あるいは、人には共通の生まれてきた目的・意味があるのかもしれません。

メイヨー医科大学のアミット・スード博士は、最後の見解に立っています。私たちには、共通の目的があるというのです。同博士によると、人生の目的・意味は「奉仕と愛」でした。でも、「愛」という言葉は多義的であるので、「愛」を「コンパッション(思いやり・慈しみ)」と置き換えてみました。すると、人生の目的・意味は、「コンパッションを実践する」ということになります。

しかし、ブッダやイエス・キリストであればともかく、凡人にコンパッション(思いやり・慈しみ)の実践は、非常に荷が重いです。そこで、コンパッションの利益面に着目しました。コンパッションを実践すると、出世が早くなり、生産性が上がり、持続的幸福感が得られる。そして、幸福感と成功との間には相関性があるといいますから、コンパッションを実践すれば、間接的ながら成功に近づくでしょう。つまり、自分の利益になるから、コンパッションを実践しよう。そう考えたのです。

私たちには家族があり、仕事があります。そこには、様々な人間関係があります。その人間関係において、「愛と奉仕」あるいは「コンパッション(思いやり・慈しみ)」を実践する。正しいからではなく、そうすれば自分の利益になりますから(笑)。昨日は、ここまででした。今日は、その続きです。

この世界は、どのような場所なのか。

あなたの脳は、四六時中、自分を守っています。でも、それ以外にも、していることがあるといいます。何をしているのでしょうか。脳は学習しているのです。脳は毎日、少しずつ変化しています。そして、その脳の変化は、あなたがした経験や、あなたが脳に与えた情報によって作られます。

すると、この世界で起こる様々な出来事は、脳(あなた)に学習の機会を与えているといえないでしょうか。そして、この学習の機会を意識的にとらえれば、あなたは変わり、体験する出来事もよい方向に変わるのではないでしょうか。

この世界を学習の場所と捉えれば、逆境に対して上手に対処できるようになるかもしれません。こうした逆境での経験を、学習の機会と見るわけですから。また、この世界を学習の場所と考えると、意識的に注意してこの世界を見ることになりますから、あなたはより賢明になるかもしれません。また、この世界を学習の場とみると、あなたは常に学生ですから、謙虚になれるかもしれません。自分の弱さから目を背けなくてもいいですから、人生が楽しくなるかもしれません。

まとめ

①私は何者なのか。
奉仕と愛の使者です。コンパッション(思いやり・慈しみ)の実践者です。

 

②どうして私はここにいるのか。
あなたがいる世界を、より幸せな場所、より思いやり深い場所とするためです。

 

③この世界は、どのような場所なのか。
この世界は、大きな学校です。学習の場です。

 

意味・目的が顕在化するのは、多くの場合、①人間関係、②仕事、③精神的生活(スピリチュアリティ)という3つの場面だそうです。一つずつ見ていきましょう。

人間関係

あなたが生きていくうえで、何百億円のお金より価値のある人が、いるのではないでしょうか。まず、自分自身がいるでしょう。あなたには、かけがえのない価値があります。この世界で最も大切な財産は、人間です。あなたもそうですし、あなたと関わりのある人、そして、関わりがない人でも同じです(この世界にいる人は、全員、あなたや私と関わりがあるのかもしれません)。

アミット・スード博士は、以下の質問を多くの人にしたことがあるそうです。その質問とは、「あと1分しかこの世にいられないとしたら、あなたは何をしますか」でした。この質問に対して、多かった答えは2つあったそうです。

①「愛する人に電話をかけて、どれほど自分がその人を愛しているかを伝えたい」。
②「祈ります」。

 

私は①に近いです。世話になった人に、最後(感謝)の言葉を伝えたいと思うような気がします。あなたは、どうでしょうか。「あと1分しかこの世にいられないとしたら、あなたは何をしますか」。よかったら、書き留めてみてください。

死ぬときに後悔すること

ブロニー・ウェア(オーストラリアの緩和ケア看護師)は、終末期にある患者に対して、「ああしておけばよかった」と最も思うことは何ですかと尋ねました。すると、多かった5つの答えのうち、3つまでが人間関係に関するものだったそうです。

1 あんなにハードに働かなければよかった(子どもやパートナーと過ごす時間が減ってしまった)。
2 自分の感情を表現する勇気をもてばよかった。
3 友人にもっと連絡を取ればよかった。

 

他には、「もっと幸せになる努力をすればよかった」という答えがあったそうです。「幸せは、自らが選ぶもの」。多くの人が、それを知らなかったことを後悔しているというのです。

人間関係は、幸せにとって本当に重要です。ここでテストをしてみましょう。あなたが宝くじで100億円当たったとします。次の2つの基準を満たす人がいますか。考えてみてください。

1 当選を心から喜んでくれる人。
2 1円たりとも期待しない人。

 

ちょっと、なかなか思いつかないですね(笑)。でも、こうした深い人間関係を築くことに意味があるようなのです。このテストをクリアした人について、以下の①から③を書き出してみてください。

①その人の名前
②関係性(たとえば、親、友人など)
③最後に連絡をとった日

 

名前が挙がった人に対して、あまり連絡を取っていないのであれば、連絡を取ってみましょう。また、深い関係性を築くためには、以前の投稿も参考にしてみてください。

仕事

人は、仕事を通じて、世界に奉仕しています。自分の仕事は、社会に対する贈り物なのだといいます。あなたは、仕事を通じて、世界をよりよく、より幸せな場所にできます。

自分の仕事を、どれだけ稼げるかといった視点で評価しないようにしてください。仕事が自分にとって意義深いものか、仕事を通じて世界をより思いやりのある場所、より幸せな場所にできるか。そうした観点から見てみましょう。

あなたにとって、仕事はどのようなものでしょうか。以下の答えから、最も近いものを1つ選んでみてください。

・仕事は嫌なこと以外の何物でもない。
・仕事は、きつい作業だ。
・仕事は、お金を得るための手段。
・仕事は義務。
・仕事は趣味だ。
・仕事が大好きだ。
・この仕事は天職だ。
・この仕事は、私の祈りです。

 

調査によると、4人のうち3人が仕事を好きではなく、3人のうち2人が最大のストレスだと答えているそうです。仕事の負担が能力を超えて大きくなり、自分でコントロールができなくなり、仕事に意義が見いだせないと、仕事を嫌なもの・作業ととらえる割合が高くなるそうです。

では、どうすれば、能力を高めて仕事の負担を減らし、仕事をコントロールして、仕事に意義を見出せるようになるのでしょうか。明日に続きます。

感想

私はコンパッション(思いやり・慈しみ)の実践者で、この世界をより幸せな場所、より思いやり深い場所にするために、ここに来ました。そして、この世界は大きな学校で、すべて起こる出来事には、意味があり、自分にとって教訓となります。ちょっと現実離れしているでしょうか(笑)。

でも、経営理念の第一を「コンパッション」とする企業も出てきているんです(「従業員支持率100%、成長率40%、600億円企業のCEOはその秘訣を「思いやり」と断言」)。また、コンパッションの実践によって生産性が高まることも証明されつつあるようです。

では、どうしたら仕事のストレスを減らせるのでしょうか。明日をお楽しみに(笑)。

幸せになりたい。目標・夢を実現したい。収入を増やしたい。人間関係・恋愛関係を改善したい。メールマガジンでは、さらに詳しい情報をお届けしています。科学的根拠のある方法、多数の成功例がある方法を集めました。実践すれば人生が変わります。ぜひ、登録してください!

参考:Amit Sood, M.D. 「The Mayo Clinic Handbook for Happiness」


hidenorin
翻訳者。早稲田大学商学部卒業。名城大学大学院法務研究科(法学既修者コース)2016年修了。 全国珠算教育連盟珠算検定試験1級。TOEIC940。 趣味は読書、水泳、写真撮影です。

コメントを残す